投稿日時:

髪のケアが抜け毛の原因に

市販のシャンプーは合成界面活性剤や合成ポリマーなど、頭皮に悪い成分ばかりである。
一時的に髪を綺麗にに見せることは出来ても、髪や頭皮が丈夫になるわけではない。

特に育毛に力を入れるのであれば、今ある髪にペンキを塗るのではなく、土台から育てる必要がある。
まずは、市販のシャンプーをやめる。

頭皮は排出器官であるので、成分が浸透したりはしない。一瞬潤う感じはあるが、すぐに取れてしまう。

それに市販のシャンプーは皮脂を取りすぎてしまうので、頭皮は次から次へと皮脂を出そうとする。皮脂の取りすぎから乾燥やカユミやフケにつながり、そのループは終わらない。

若々しく、髪もフサフサの有名人の何人かは、シャンプーの成分や適度な洗浄力にこだわった製品を使っていることを公言している。

皮脂は多すぎると頭皮トラブルの原因になりますが、頭皮を乾燥から防ぎ保護するという役割も持っています。皮脂が少なすぎても痒みやフケの原因となるため、頭皮の皮脂を完全に取り去ってしまうような洗浄力の強すぎる物ではなく、適切な洗浄力をもったシャンプーをしっかりと選ぶ必要があります。皮脂は多すぎても少なすぎても頭皮環境にとってマイナス要素となり、分泌量を正常に保つ事が重要なカギなのです。

(引用:毎日のヘアケアの基本について知ろう

余分な皮脂が出なくなり、毛穴が健康になって、洗いすぎによる乾燥が無くなり、抜け毛が減ってくる。

乾燥しないので髪をとかすだけでツヤがでている。頭皮が健康になると抜け毛どころか白髪も減る。これぞ好循環である。

投稿日時:

気長に効果を待つことが重要

育毛を行うという事は薄毛になっているからに他なりませんが、どうしても効果を出そうと焦ってしまいがちです。

どんな商品、もしくはエクササイズを行うにしてもそれなりに効果が表れるまでの期間というものが存在します。

即効のある育毛・発毛に関する対策というものは存在しないというのが持論です。

あくまでも気長に、そして継続することが重要です。効果が表れないからと簡単にあきらめてしまったり、またはストレスを感じて逆効果を生んでしまったりという事もあり得ます。

対策を講じるにあたって、心構えとしてこのあたりの事を頭に入れておくと、いろいろとメリットがあるような気がします。

実際、私も育毛商品を使うにあたり、短期的な効果ははなから期待しておらず、あくまでも中長期的な観点から使い始めました。

こうすることで毎日突き合わせなければならない鏡を前にしてもテンションが下がることはありませんでした。

継続していくうちにいつの間にか薄毛が克服されているというのが理想だと思います。

どんな育毛商品がいいのか、沢山ありすぎて迷ってしまう方も多いかと思いますが、そんな時は育毛商品のおすすめサイトを参照されるといいのではないでしょうか。沢山の商品に関する口コミやスペックが一覧できる大変便利な存在です。

投稿日時:

時間がなくてもできる育毛をしてます

育毛は大事なことだと思うけれど、そうかといって育毛のことばかり考えてもいられません。毎日の生活のことを考えれば、「髪のことに十分時間をかけられない」というのが本当のところです。

学生時代のように、髪やメイクやファッションのことばかり考えていられる時間的精神的な余裕がないのです。

大人になるとやることが多くて、「1日24時間ではとても足りない!」と思うことが多くなります。

わたしなど1日30時間くらいは欲しいのです。もしも1日が30時間くらいあったら、わたしでも発毛のことや髪のことを考える時間がもてます。

だけど、今の生活スタイルでは育毛についてじっくり考えることができなくて、とりあえず隙間時間があるときに指先で頭皮を動かすくらいのことができるだけです。

これだったらテレビ番組を見ながらできるので取り組めます。

家族の前だとしても、このくらいのことなら嫌な顔をされないので安心してできます。頭皮マッサージの後は抜け毛の掃除を欠かせませんが…。

投稿日時:

ヘアケアをしてコシのある髪の毛にしたいです

自分の髪の毛には満足をすることが出来ていないので、ヘアケアにはもう少し力を入れていきたいなと思っています。髪質がいい人みたいに、私も髪の毛のことで悩んだりすることがなくなるといいです。

私の髪の毛にはコシがないので、ウネウネしてしまっていますし、髪の毛を整えることが難しいです。トリートメントや育毛剤を使って髪の毛に栄養を与えていますが、まだまだ髪質には納得をすることが出来ていません。

いいヘアケアの方法がないかなと色々と探してはいるのですが、まずは育毛とかを頑張って、いい髪の毛が生えて来ることを目指したいです。髪質を変えることは出来るのかわかりませんが、ヘアケアをすることで少しは改善をすると思っています。

しっかりとした直毛の人がとても羨ましいです。ウネッているとツヤもないですし、髪の毛が汚く見えてしまいます。髪の毛には気を遣っていきたいですし、今より酷い髪質になってしまうことだけは避けたいです。

投稿日時:

ショートヘアにすれば育毛がやりやすい

ヘアケアを難しいとかめんどくさいと考える人は髪の毛をショートにしていることが多いですが、それは正解です。

性格は人それぞれありますから、髪の手入れそのものがもうめんどくさいと思ってしまうようなら、ロングヘアにすることはないのです。

そういう人は髪の毛にあまり気を使いたくないと思うのでしょう。

それにロングヘアに憧れることもないと思います。髪の毛が好きじゃないとロングヘアにしたいと思いませんから、髪に興味が薄い人はショートヘアにするのが1番合っていると思います。

そして、ショートヘアにするといいことは、「薄毛になってきた」とか「白髪が出始めた」とか、いろんな髪の毛の変化が感じ取りやすいということです。

ロングヘアにしていると髪が長くてそのために見落としがちになってしまうところが、ショートヘアにすると細かい部分までよく見えるようになるのです。

ショートヘアが好きな人は育毛もやりやすいでしょう。頭皮もよく見えていいことばかりです。